湖東三山 『西明寺』
6月初旬に滋賀「湖東三山」の一つ 天台宗 龍応山『西明寺』に行ってきました。
『金剛輪寺』『百済寺』は行ったことがあるのですが、
『西明寺』だけ訪れていなかったので、今回が念願の訪問になります。
鈴鹿山脈の山腹にあるマイナスイオンに満ちあふれた緑いっぱいの美しいお寺です。

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

湖東三山のお寺によく見られる蝶。(黒アゲハ?)
以前、金剛輪寺に訪問した時は、この蝶が妻の帽子に10分近く止まっていました。
花の蜜を吸っている姿が愛らしい。

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

こちらは「千年夫婦杉」。立派な大木です。

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

「二天門」には、持国天、増長天の像があり、力強さをひしひしと感じます。

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

湖東三山 西明寺

「三重塔」も自然との調和がすばらしい。

「本堂」(国宝)に入るとお寺の方が丁寧に案内してくださいました。
本尊の「薬師如来像」は秘仏のため、常に扉が閉まっていて見ることはできませんが、
本堂内で写真が展示されています。

本堂の内部は写真撮影禁止となっているので、写真でのご紹介ができませんが、
内部は、十二支の神様「十二神将」が並び、「薬師如来」を守護しています。
自分の干支の神様を見つける楽しみもあります。

「おみくじ」の創始者「元三大師(がんさんだいし)」の像もあります。
本堂内は、仏像の博物館といった雰囲気で、見応えがありました。
お寺の方の説明があったおかげで、歴史的背景も交えながら楽しく拝観させて
頂くことができました。

こちら↓は本堂入り口付近に台座している「賓頭盧(びんずる)さん」。
(自分の体の悪いところをなでると病気を治してくれる仏様。)

湖東三山 西明寺

迫力の鬼瓦!なぜ、こんなところに...。

湖東三山 西明寺

『西明寺』は、静けさと緑の美しさ、仏像の豊富さ、造形のすばらしさ、
どれをとっても感動を覚えるものでした。
──────────────────────
「西明寺」所在地:滋賀県犬上郡甲良町大字池寺26
──────────────────────

お寺を満喫した後は、東近江市の八日市インターから車で3分程の場所にある
「クッチーナ・カプリチョーザ」というイタリアンカフェに行きました。
(チェーン店の「カプリチョーザ」ではありません。)
このお店はお気に入りのお店で、夫婦でよく足を運んでいます。

『くっちーなセット』がお気に入り。
2人で注文して、パスタ、ピザを好きなものを1品ずつチョイスします。

クッチーナ カプリチョーザ

「生ハムとパイナップル」は、外せません!
いつも、このピザを大きいサイズで注文します。

クッチーナ カプリチョーザ

美味しくいただきました。ご馳走さまでした。

──────────────────────
「クッチーナ・カプリチョーザ」
アクセスはこちら
──────────────────────
| お寺、神社 | 01:56 | - | - | pookmark |
永源寺の紅葉
そろそろ紅葉が見頃ということで、休日に東近江市の永源寺へ。
さすがに人が多く、駐車場も混み合っていました。
今年は紅葉の色味はあんまりかな...?と思っていましたが、なんのその。
なかなかきれいな紅葉でした。

永源寺の紅葉

永源寺の紅葉

永源寺の紅葉

永源寺を奥まで歩いていくと裏側の出口に行き着いてしまうのですが、
出てしまっても入場券を見せれば、再度入ることができます。
出口の先にもよい景色がありそうな予感がしたので散策してみました。

永源寺の紅葉

赤い鉄橋を見下ろす景色が現れ、壮観な眺めでした。
鉄橋までたどり着いたら、橋の向こうは民家などがありました。
そこからまた引き返して永源寺に。

永源寺の紅葉

日が暮れるのも早く、そのおかげでライトアップも観ることができました。

永源寺の紅葉

昨年は湖北の紅葉を観に行きましたが、湖東の紅葉も素晴らしい!
う〜ん、堪能させて頂きました。
| お寺、神社 | 23:17 | - | - | pookmark |
三重県:椿大神社、らーめん門蔵
土曜日は、天気予報の予測とは裏腹に意外と天気がよかったので、
三重にドライブにでかけました。

昨年から何度か足を運んでいる「椿大神社」を目標にドライブに出発。
いつも国道1号線で土山を抜けて走って行くのですが、今回は違った道で行ってみようと
いうことで、甲賀〜柘植〜(名阪国道)〜亀山というコースで向かいました。
初めて通る道もありましたが、道路の混雑も無く快適なコースでした。

鈴鹿市の富士ゼロックスの向かいに「らーめん門蔵」というラーメン店を発見。
お店の雰囲気が良さそうだったので、昼食はこのお店に決定。
座敷、テーブル、カウンターがあり、ゆったりと食事できるお店です。
妻は「かどくら醤油ラーメン」、私はトッピングたっぷりの「ぜいたく醤油ラーメン」。

らーめん門蔵のぜいたくらーめん

細麺がスープに馴染んでいて美味しい!
ちょうどよいコクと濃さのスープで、満足のいく味でした。
胃にもやさしく、もたれることのないラーメンでした。
「食べるラー油」が目の前に置いてあり、自由に食べていいところが嬉しい。
白ご飯の乗せて食べたら食が進んで、目の前の「食べるラー油」が減ってきたところ、
店員さんが親切に新しいものを持って来てくれました。

美味しかったので、「食べるラー油」の持ち帰り用を2瓶買いました。

らーめん門蔵のお店外観

店員さんが元気で爽やかでした。
ご馳走さまでした。また、来ます!!

そして、「椿大神社」へ。静かで荘厳な雰囲気の漂った神社です。
神社の方が気さくに挨拶してくれるのが特長です。

椿大神社

椿大神社

この輪は、くぐって左回り、次に右回り、そして中央に抜ける..といった順序で
通るものだそうです。

椿大神社

昨年、11月に来た時には、神社前のお店「拝啓かあさんの茶屋」でお土産を買いました。

拝啓かあさんの茶屋

ここで売っている「椿麩まんじゅう」は、もちもちあっさりで美味しいのです。
暑い日だったので、痛むともったいないということで、今回は買いませんでした..。
次回は、クーラーボックスを持ってこないと。

椿麩まんじゅう

椿麩まんじゅう

神社を後にして、鈴鹿市方面へしばらく走っていると、
大きく損壊した建物が目に留まりました。
火事があったのでしょうか?大きい建物だったので、ビックリしました...。


それから鈴鹿市街をドライブしてから帰路に。
鈴鹿のイオンにも寄ろうか..と思いましたが、夕方の時間帯はイオンのパーキングから
道路に出ようとすると渋滞になることが多いので、今回はスルー。
また早めの時間に行って、ゆっくり買い物をしたいと思います。

三重県は2ヶ月に1度くらいのペースで足を運びますが、
自然も見どころも多いエリアで好きな県です。

| お寺、神社 | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 

昨年末は、ここ数年間では最も忙しい月だったような...。

さて、昨年は長浜の黒壁スクエアのお店でガラス製の寅の干支を購入
しましたが、すごく気に入ったので、今年も長浜に買いに行きました。
今回もかわいい “ 福うさぎ ” が手に入りました。

福うさぎ

その後、ゆっくり黒壁スクエアを散策。
お昼は『大手門や ちり麺亭』というお店で「飛騨牛重」を食べました。
セットで付いてくる「ちり麺うどん」がツルッとして細くてコシがあり、
すごくいい食感でした。

その後『寺子屋本舗』というお店で「串ぬれおかき」を食べました。
焼き鳥のように炙ってあり、温かくてやわらかいぬれおかき。
色々種類がありましたが、シソをチョイス。
初めての食感を楽しむことができました。マヨネーズも美味しそうでした。

長浜を満喫した翌日は、神社にお参りに行こうということで、
甲賀にある油日神社に。この神社は静寂かつ荘厳で美しい。。
ここ1年間で何度か足を運んでいます。

油日神社の写真1

油日神社の写真2

干支購入もお参りもできたので、あとは今年1年も健康に気をつけて
頑張らねば!ということで、早速バタバタ...と走り始めています。
| お寺、神社 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鶏足寺(旧飯福寺)の紅葉:長浜市木之本町
土曜日は天気がよかったので、長浜市木之本町の鶏足寺(旧飯福寺)の紅葉
を見に行ってきました。
高速を使わず、グネグネと一般道を走ること2時間半くらいで着きました。
昨年も同じ時期に行ったのですが、今年の紅葉も見事でした。

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

鶏足寺の紅葉

石道寺というお寺にも繋がっていて、間にある畑では、うどんやみたらし
団子、その他諸々の出店があり、小腹が減っても安心。
作り立てアツアツの美味しいみたらし団子をいただきました。

日が暮れる頃に帰路につきましたが、気温も冷えてきて、
吐く息も白くなってきました。
最近更新できていない「滋賀ぶらり散歩」にも掲載しないと...。
今月中には掲載します。(^^;)
| お寺、神社 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石の寺『教林坊』(安土)
5月8日は、安土町にある『教林坊』というお寺に行ってきました。
滋賀ぶらり散歩」に写真掲載しています。

『教林坊』は、聖徳太子によって推古13年(605年)に創建されたお寺。
名称は、太子が林の中で教えを説かれたことに由来しているそうです。

元々は"荒れ寺"と呼ばれる無人のお寺だったそうです。
(昭和50年頃から無人になり、管理がされなくなったため)

現在は若い住職さんが復興に尽力され、管理・運営されているので、
荒れ寺だったことが想像できないくらい、きれいなお寺になっています。
住職さんの並々ならぬ努力と地元の人々の温かい支援によって、
現在の『教林坊』は、趣のある立派なお寺になっています。

教林坊の写真1

門から入ると、竹林の歩道が先に続きます。

教林坊の写真2

教林坊の写真3

古民家のような「書院」。
この中に受付があり、若い住職さんがいらっしゃいます。

教林坊の写真14

よく耳にすることば「かんにん」「がんばる」「おっくう」など、
身近な仏教後について、わかりやすく解説している本、
人に教えてあげたい仏教語1,2』が、受付で販売されていました。
冊子のイラストがとてもかわいいので、2冊共買いました。
こんなに身近なことばが仏教語だったの!?と驚きながら読みました。

教林坊の写真4

書院の裏側。(右は「経蔵」)

教林坊の写真5

教林坊の写真6

教林坊の写真7

「本堂」内にある『天源石』という聖徳太子に由来する奇石。

教林坊の写真8

太子の「説法岩」と「霊窟」。

教林坊の写真9

初めて体験しました「水琴窟」。
詳しくは、こちらで解説されています。
とても澄んだ響きが聞こえてきて、ずっと聞いていたくなる音です。

教林坊の写真10

書院の前の池では、かわいい金魚がたくさん泳いでいます。

教林坊の写真11

書院の中。

教林坊の写真12

階段からなんと、屋根裏部屋へ登って行くことができます。
(ここからさらに上へも登れます。)

教林坊の写真13

書院の玄関口。

前から、近くを車でよく通っていたので名前は知ってて、
気にはなっていたのですが。
清々しい気持ちで散策できる、安土の名勝です。

───────────────────────────────

『教林坊』 拝観/土日祝日のみ
(『秋の特別公開』11月1日〜12月10日は、毎日拝観可)
拝観料金/大人:五百円 小人:二百円(小・中学生)
地図/教林坊への アクセス
ホームページ
───────────────────────────────
| お寺、神社 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>