余呉湖 & 木ノ本 探訪
GW中は日帰り旅行・仕事・日帰り旅行・仕事・・と充実した日々を過ごしました。
(ただゴロンと寝て、ゆっくりする日を作ってもよかったのかも...。)

GW前半の初日は、北びわこ方面へドライブ。
久々に余呉湖を見たくなったので、高速を使って一気に北へ。
当日は快晴ということもあり、美しい余呉湖を見ることができました。
「鏡湖」と呼ばれるだけあって、景色がきれいに湖面に映り込んでいました。

余呉湖

余呉湖

余呉湖

余呉湖

余呉湖

余呉湖

wikipediaの説明によると「日本最古とされる羽衣伝説の地」とされているそうです。
賤ヶ岳が裏側にそびえ、戦国歴史ロマンを求め訪れる来訪者も多いようです。

その後、木ノ本をドライブ。
5年程前に訪れた『一ノ宮の白樫』という巨木のある場所に向かいました。
のどかで良い景色で、サクラの時期なら一層素晴らしい景観だと思います。

木ノ本

木ノ本

『一ノ宮の白樫』400年の風格は、特殊な存在感を醸し出しています。

一ノ宮の白樫

自然を堪能し、お腹が空いてきたので、お昼ご飯を食べるところを探しに。
いつも前もって調べることをしていないので..、どこにしようか迷っていたところ、
少し変わってそうなお店を発見。
名物『とりやさい鍋』のびわこ食堂に入りました。

とりやさい(びわこ食堂)

とりやさい鍋ともつ鍋をミックスしてもらいました。
野菜がてんこもりで溢れそうです。

とりやさい鍋

下の方から順に食べていきます。
鍋にしては料金がすごく安いのですが、味は一級品。
名物「とりやさいみそ」で煮込まれた具材は、とにかく食が進みます。
モツがふわっととろっとしていて、特に美味しい。

とりやさい鍋

読んでいた雑誌に、このお店の記事があり、「麺がよく合う!」と
記載されていたので、麺も最後に投入。
つるっともちっとした麺とみそがマッチして、美味しい〆とさせて頂きました。

湖北にいったら是非訪れてほしいお店です。
「とりやさいみそ」は、お持ち帰りもあります。
店長さん?も楽しい方でした。(^^)

| きれいなところ&喫茶 | 01:17 | - | - | pookmark |
鮎川さくらまつり2010
ここしばらく多忙続きで・・、久々のブログ更新です・・。(^_^;)

今年も土山の『鮎川さくらまつり2010』に行ってきました。
先週の4/10(土)に妻とぶらりと来訪。
出店も多く、賑わっていました。桜もちょうど満開!

鮎川さくら祭り-写真1

鮎川さくら祭り-写真2

鮎川さくら祭り-写真3

鮎川さくら祭り-写真4

やはりここに来たら、天然の岩魚を食べないと♪
まるごと食べれます。

鮎川さくら祭り-写真5

美味しい匂いに誘われて、
水口の居酒屋『だんだん』の出店の焼き鳥を買いました。
「せせり」と「砂ずり」を注文。

鮎川さくら祭り-写真6

「せせり」とは、鶏の首の剥き身で、弾力があり味わいの深い食感です。
めっちゃ美味しかったので、追加注文しました。
『だんだん』ではランチもやってるそうなので、是非是非食べに参ります!
店長さんや店員さんは、とても元気に楽しく話してくださる
感じのいい方々でした。

他、出店でそば屋さんがあったので、食べてみましたが、
これもめちゃんこ、美味!(写真は撮ってませんが..)
麺のコシが強くて食べごたえ十分。ダシも満足。
目と共に胃袋も満喫できた、さくら祭りでした。

鮎川さくら祭り-写真7

よく晴れてよかった・・・。

鮎川さくら祭り-写真8

鮎川さくら祭り-写真9

来年のまつりも楽しみです!
| きれいなところ&喫茶 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
土山:頓宮大茶園、三重県:石水渓付近
今から3週間程前、少し雪の残っていて寒い時期に土山までドライブに行っ
てきました。土山は国道1号線を中心にのんびり走れて、景色もきれいなの
で、最近よく足を運んでいます。
国道1号線を三重方面に走り、左手の方に入ると「頓宮大茶園」という広大
な茶園があります。

頓宮大茶園の写真3

頓宮大茶園の写真2

頓宮大茶園の写真1

見渡す限り茶園で、遠くに山を望むことができる、とてもダイナミックな
光景です。土山といえばもちろん『土山茶』が有名ですが、茶園そのもの
も立派な名所だと感じました。

道の駅『あいの土山』で少し一服。
近畿、滋賀県で最初に登録された道の駅だけあって、いい情緒が漂ってい
ます。国道1号線を挟んで向かいには、以前もブログで紹介しました
田村
神社
があります。

その後、国道1号線を走り、三重まで足を伸ばしました。
鈴鹿峠を越えて、亀山に入り、途中北に進路変更して、『石水渓』という
キャンプ場方向に向かいました。今はキャンプ場はシーズンオフなので、
そっち方向の景色を見に行きました。
石水渓の手前あたりに新名神高速道路があったのですが、すごく高いとこ
ろに道があり、ビックリ!

三重の景色1

三重の景色2

あの道を走るのは、少し怖いな...と思いつつも、すでに昨年の春、三重県
の『なばなの里』に行く時に走っていたことを思い出しました。
空を飛んでいるかのような高さの道路ですが、道路を走るとそんなに高さ
は感じませんでした。
滋賀と三重は山を越えればすぐのところなので、またゆっくり観光したい
と思いました。
| きれいなところ&喫茶 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
畑の棚田、マキノの雪景色/手作りランチの店「樹里」
湖西に雪が積もり、晴れていたので湖西方面へドライブに行ってきました。
まずは、安曇川の『畑』に。
(※安曇川は夫婦共にハマっている「世界のナベアツ」さんの出身地)
以前のブログ等でも紹介していましたが、日本の棚田100選に選ばれて
いて、滋賀では有名な棚田です。

畑の雪景色

「雪の棚田がきれいですよ!」と地元の方にお話を効いていたので、
ようやく、雪の時期に足を運ぶことができました。
雪溶け水が道一面に流れているので、川の中を歩くような感じでした。
長靴を持ってきていなかった(考えが甘かった...)ので、
靴下を脱いでサンダル靴でジーンズを捲り上げて散策。
非常に冷たいはずなのですが、景色に見とれていたせいか、それほど
苦にならず。(でも靴が流れて行ったのには焦りました..。)
とてもまぶしく清々しい景色でした。まさに雪化粧!
やっと見ることができました。

その後、安曇川の雄大な景色を抜け、マキノ方面に向けて出発。
途中の安曇川の景色もとても雄大です。

安曇川の雪景色

お腹が空いたので、まずはお昼ご飯に。
いい感じのお店を安曇川の国道旧161号線(161号バイパスと平行して
通っている道路)沿いに発見。

手作りランチの店「樹里」というお店で、車も結構停まっていて流行っ
ているようなので、そのお店に入りました。

ランチのセットが5種類程あり、主要メニュー以外に一品好きな品を選
ぶことができ、デザートもとてもたくさん種類のある中から一品選べる
というものでした。(たくさんあるので、どれにしようか迷いました。)

ビーフシチューハンバーグ、特製コロッケ + 豚串 + 栗プリン + ホット
コーヒーの組合せで注文。

手作りランチの店「樹里」のランチ

おかずは充実していて、鉄板プレートで出てくるので、とてもアツアツ
で美味しくいただきました。ハンバーグもコロッケもジューシーで
フワッとしていて満足のいく食べごたえでした。ビーフシチューが
すごくいい感じに絡んでいました。

食後に出てきたデザートの栗プリンは、栗の味、風味がよく効いていて、
とても新鮮でした。他にも色んなデザートがあるのですが、次に行く時
も栗プリンにすると思います。ハマってしまいました。

手作りランチの店「樹里」の栗プリン
栗プリン

店長さん、奥様もとても感じのいい方でサービスにこだわりを持ってら
っしゃるので、その人柄がお店と味に出ているんだなと思いました。
また湖西に行く際には、是非食べに行きたいと思います!

手作りランチの店『樹里』
高島市安曇川町西万木357−1
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜20:00


その後、マキノのメタセコイア並木のあるマキノピックランドへ。
そこから、山の方を見ると地面にポコンポコンとコブのようなものが。

マキノ雪景色

等間隔にコプがあり、雪をまとって可愛らしいオブジェになっていま
した。
その後、野菜直売場で野菜を買ってから帰路につきました。

湖西は広々として空を広く感じることができるので、何度行っても
ホッとします。(^^)
| きれいなところ&喫茶 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
醒ヶ井の「梅花藻」、喫茶・和洋食料理屋「かなや」
醒ヶ井の「梅花藻
天気が比較的よかったので、景色のキレイで涼しげなところに行こう!
ということで、米原の『醒ヶ井』(さめがい) というところに行ってき
ました。「滋賀ぶらり散歩」にも写真を掲載しています。
駅近くの中山道沿いを流れる清流の「地蔵川」の源流は『居醒(いさめ)
清水』。今年、「平成の名水100選」で1位に選ばれたそうです。

醒ケ井の地蔵川

地蔵川のスイカ

その川には、『梅花藻(バイカモ)』というキレイな花を咲かせる"藻"
があり、清流でしか育たないそうです。
梅花藻

川沿いには「サルスベリ」も鮮やかなピンクの花を咲かせていて、清流や
梅花藻と相まって、とても華やかな雰囲気を漂わせていました。
とにもかくにも水が透明!美味しそう・・・。
水は年間を通じて水温15℃の冷たさだそうです。

川に沿った街並も懐かしさと風情があって、ゆっくりと歩いて楽しめます。
醒ヶ井の街並

遠くまで行かなくても近くにこんなに風情のある街があったなんて...。
夢中になって歩いているとだんだんノドが乾いてきました。(^^;)


喫茶・和洋食料理屋「かなや」
清流や梅花藻、源流やその近くの神社を観光した後、コーヒーが飲みたく
なって、駅方面へ歩いていたところ、「喫茶・和洋食料理屋『かなや』」
という、雰囲気のいいお店を発見!!早速、中に。

涼しげでキレイな店内。
「豆乳レアチーズケーキ」、「梅花藻天使(寒天ゼリー)」、
「水出しアイスコーヒー」を注文。

梅花藻天使(寒天ゼリー)
梅花藻天使(寒天ゼリー)
水出しアイスコーヒー
水出しアイスコーヒー(広角レンズで撮ったので小さく見えますがもっと大きいです。)

「豆乳レアチーズケーキ」の味は絶品!楽しい
正直、今まで食べてきたレアチーズケーキの中で一番美味しかったです。
豆乳ってこんなに合うのか・・・。

「梅花藻天使」は、梅花藻をモチーフに作られた寒天ゼリー。
花の白さ、清流と藻を模した透明感と色合い。
目で楽しんだ後、食べてみるとプルンとして、レモンが入っていて、
あっさりした味で、目も味覚も楽しませてもらいました。
これで1個200円は安すぎです...。びっくり

「水出しアイスコーヒー」も、100%清流の水を使用しているので、
コーヒーの香りと味わいを一層引き立てて、美味しかったです。

シェフ 和多萬さん
シェフの和多萬さん
「かなや」ロゴ

また、是非参らせて頂きます!(^^)/
とてもいい日を過ごすことができました。

喫茶・和洋食料理屋「かなや」の場所はこちら↓
大きな地図で見る
| きれいなところ&喫茶 | 01:16 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
永源寺の奥深くへ [ 滋賀 ] & 湯郷温泉 [ 岡山 ]

永源寺の奥深くへ [ 滋賀 ]

かな〜り久々の更新・・・。
忙しさにかまけて、11月は更新できず。。(´・ω・`)
久々にゆっくり過ごした休日です。

11月初旬、妻と東近江市の永源寺にドライブに。
政所、黄和田という大分奥の方の観光名所まで足を伸ばしました。
秋の色が深まり始める頃だったので、まだ青々とした木もありま
したが、紅葉も所々に観られました。
10年程前は、仕事で永源寺に来ることが多かったのですが、観光
で足を運ぶと、ずいぶん違った趣で景色が見えてきます。
空気もキレイで深呼吸をしながら散策もしました。

政所と黄和田は永源寺ダムを越えて、さらに奥に。
キャンプ場もあり、川の水もきれいで、川には大きな岩がたくさ
んあります。岩魚料理を食べられる旅館や、風情のある酒屋さん
など、食事やお土産にも困りません。
景色に惚れ込んでしまい、写真をたっぷり撮影しました。
永源寺写真
↓こちらにも写真を掲載
「滋賀ぶらり散歩」

自然を満喫した後、「曹洞宗 鹿苑山 永源寺」に。
階段を上っていくと、随所に美しい紅葉と迫力のある岩肌を観る
ことができます。色々な表情をした石像や温かみのあるお地蔵様
に出会い、ふと足を止めてしまいます。
石積は光とのコントラストが美しく、趣のある景観です。
永源寺:石積

永源寺を散策した後、入り口で売ってる出店で、おでんを買って
お食事。本場の「永源寺こんにゃく」も、もちろん注文★
とてもダシがよくしみ込んでいて、美味しくいただきました。
で、お土産に永源寺こんにゃくやお漬け物などを購入。
店の方も楽しく話をしてくれて、その地域の温かい人柄を感じま
した。

それから、よく足を運ぶ「池田牧場」に行ってジェラートを。
まだ、本格的に寒くなっていなかったので。
このジェラートは永源寺に行く楽しみのひとつなのです。
永源寺は町自体が雄大な観光エリアです。キャンプもオススメで
す。

湯郷温泉 [ 岡山 ]

11月25日(土)、いとこのYoshikoさんの結婚式があり、岡山に行
ってきました。
新郎のNaokiさんは、私よりもちろん年下の方ですが、とても落ち
着いたしっかりとした、いい雰囲気を持ってらっしゃる方でした。
とても華やかで楽しい披露宴で、お二人にとっていい旅立ちになっ
たと思います。末永くお幸せに〜!

結婚式の帰りに車で近くの湯郷温泉に。
予約していた「ポピースプリングス」というホテルに宿泊しまし
た。

温泉街にあるとは思えない程、おしゃれできれいなホテルで、ス
パリゾートとして、女性に人気のようです。
↓部屋のベッドの横にあった壺
ポピースプリングス写真

美肌効果がある温泉がウリの湯郷温泉。
日頃の肌の疲れを癒したい方、お近くに行った折には、立ち寄っ
てみてもイイかもです★
| きれいなところ&喫茶 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>