奥びわ湖旅行(長浜、木ノ本)
 10月の月末頃に奥びわ湖方面へ一泊二日の旅行に行ってきました。
長浜市湖北町に「尾上温泉」という温泉エリアがあります。
そこにある旅館『紅鮎』に宿泊しました。びわ湖に面した景観が素晴らしい温泉旅館です。
旅館の裏から見たびわ湖の景観です。

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

びわ湖の夕日が一番きれいに見えるのは、やはり奥びわ湖だと思います。

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

こちらが旅館『紅鮎』。

湖北旅行

湖北旅行

到着したら、「おかえりなさい。」と出迎えて頂きました。「ホッ」とするひと時です。

湖北旅行

ロビーから入ったら広がる、少し懐かしさを感じさせる空間。
まず、ここで梅のデザートを頂きました。

湖北旅行

湖北旅行

部屋は畳の間と寝室が隣り合わせで繋がっている部屋で、
びわ湖を一望に見渡すことができます。
個室露天風呂、マッサージチェアもあり、疲れをゆっくりほぐすことができます。

湖北旅行

陽が沈んで暗くなると、間接照明が灯り一層雰囲気が深まります。

湖北旅行

湖北旅行

夕陽がピンク色になってきました。

湖北旅行

料理は、「近江牛づくし」というコースで、
色んな牛肉料理を大変美味しくいただきました。
部屋担当の仲居さんは楽しくとても親切な方で、よい時間を過ごすことができました。

翌朝、びわ湖の湖面には、変わらず「かいつぶり」がたくさん浮かんでいます。

湖北旅行

びわ湖を見ながら朝食を頂き、楽しい旅館を後にしてドライブを開始。
超望遠レンズがあればなぁ...。

湖北旅行

「JR木之本駅」前に到着。すぐ近くに無料駐車場があったので、そこに駐車。
北国街道 木之本宿』に向かって歩いて行きます。

湖北旅行

「木之本地蔵院」にやってきました。
滋賀県観光情報によると"眼病平癒の仏さまとして知られる時宗の寺"だということです。
ここに向かう道中、親切な地元のおじいさんにも丁寧にお寺の説明をして頂きました。
賤ヶ岳の合戦では秀吉が陣を置いたそうです。

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

湖北旅行

「蛙」のかわいらしい木彫りのお守りを買ってから、北国街道をテクテク歩いていると
「サラダパン」で有名な「つるやパン」がありました。

湖北旅行

古い薬の看板で有名な「本陣薬局」。
こちらの当主は日本で第1号の薬剤師だそうです。

湖北旅行

何やらレトロな建物があると思ったら、「戦国大河ふるさと博」が開催されていました。
「賤ヶ岳の戦い」について、当時の状況を詳しく知ることができます。
丁寧な説明をして頂き、歴史ロマンに親しみやすく触れることができました。

湖北旅行

次は「近江孤篷庵(おうみこほうあん)」へ。
千利休、古田織部と並ぶ日本三大茶人の小堀遠州(小室城の城主)の菩提を弔う寺院。

湖北旅行

湖北旅行

枯山水庭園と池泉回遊式庭園があり、住職様のお話を拝聴しながら見ると、
尚、趣を感じ取ることができます。

湖北旅行

「近江孤篷庵」を後にして、次は黒壁スクエア方面へ。
長浜鉄道スクエア」に入りました。
26年程前に「長浜旧駅舎」のみだった時に入って以来です。
当時とは変わっていて、「旧駅舎」の2階にいくことはできず、
代わりに、裏にある鉄道ミュージアムを観覧できるようになっています。

湖北旅行

湖北旅行

「旧駅舎」の裏にある『北陸線電化記念館』には、
「デゴイチ」(写真)や「ED70形」といった機関車が展示されています。
近くで見ると迫力です。汽車の中に入ることができます。

湖北旅行

下の写真は「ED70形」の室内。

湖北旅行

こちらは『長浜鉄道文化館』。
レトロな音楽がかかっていて、もちろん展示内容もレトロ。
2階には鉄道ジオラマがあり、他、子ども用のスペースもあります。

湖北旅行

その後「黒壁スクエア」を散策。毎年購入している干支ガラス細工を購入し、食べ歩き。
そして帰路へ。

近場の旅行ということもあり、ゆっくり骨休めすることができました。(^^)
| 観光施設 | 01:12 | - | - | pookmark |
三重県:鳥羽水族館
 9月ももうすぐ終わるという頃ですが、7月の中旬に訪れた鳥羽水族館のお話。

三重県はよく足を運びますが、少し遠出して海洋動物を観に行こう!ということで、
鳥羽水族館」に行ってきました。

海の横ということもあり、海の幸をお昼に食べよう!ということで、
水族館から車で行くと近くにある「海鮮丼 浜辺丸」というお店に入りました。
混んでいたので、お店の外で待つこと20分。ようやく中に入ることができ、
「うにといくらのミックス丼」(¥2,500)を注文。

海鮮丼

やはり本場の海の幸。香も芳醇で美味しく頂きました。大満足!

浜辺丸

お店の外観。

九重親方

九重親方!! ウルフが来たのですか!?
千代の富士の現役の頃の相撲が一番面白かった!

海の幸を堪能してから、鳥羽水族館へ。
そこで、とても愛らしい動物とふれあうことができました。

スナメリ

スナメリさんです。
笑顔で手を振ると向こうも喜んでくれて、一生懸命愛嬌を振る舞ってくれます。

スナメリ

スナメリ

スナメリ

息が続かないのか、たまに上に上がっては、すぐに戻ってきて
カメラの前でポーズをとってくれます。
頭のいい動物なんですね。気持ちを通わすことができました。
夫婦共々、すっかり虜になりました。可愛すぎます。

さて、次はジュゴンさん。

ジュゴン

ひたすらひたすら海藻を食べています。すごい勢いで海藻が減っていきます...。

ジュゴン

口から海藻を垂らしながら水面へ。ある意味優雅です・・・。

さて、次は妻が大好きなカピバラさんです。
お眠でしょうか?うっつらとしています。

カピバラ

元気に泳ぎ回っているカピバラさん達も。なかなか俊敏です。

カピバラ

他、目つきのおかしいお魚さん。

魚

サービス精神旺盛なペンギンさん。

ペンギン

ペンギン

毛並みのきれいなペリカンさん。

ペリカン

相思相愛のウミガメさんとお魚さん。

ウミガメと魚

中学校の修学旅行以来?でしょうか。
こんなに楽しい水族館だったとは。何度も来たくなるくらい好きな水族館です。

鳥羽水族館

鳥羽水族館

また、スナメリさんに会い来ます。
| 観光施設 | 00:12 | comments(0) | - | pookmark |
黒壁スクエア(長浜市)
先日、長浜市の「黒壁スクエア」に行ってきました。
高速を使わず、湖岸沿いに草津から車で行きましたが、
思いのほか、早く着きました。

琵琶湖横の豊公園の駐車場に止めて、公園と琵琶湖岸を散策してから
「黒壁スクエア」に向かい、洋食処「味加醐」という洋食屋さんで
昼食を食べました。
オリジナルハンバーグとカニクリームコロッケ等を食べましたが、
味もボリュームも大満足でした。グッド

それから「黒壁スクエア」を散策。写真もいっぱい撮りました。カメラ
滋賀ぶらり散歩』にも掲載しています。

黒壁ガラス館
「黒壁ガラス館」:実用的なグラスからかわいい動物のガラス細工まで

黒壁五號館
「黒壁五號館」:ガラス他、地元の食材、お菓子等幅広い土産物を販売。
このお店に一輪挿しのとてもきれいなガラスがあったので購入!

黒壁五號館の中
小魚の煮付けや黒豆まんじゅうも買いました。

太閤ひょうたん
太閤ひょうたん」:とても歴史のありそうなお店でした。

太閤ひょうたんのお店の中
お店の2階からの眺め

表参道
ながはま御坊表参道」:大通寺の前に並ぶ商店街の通り

表参道の川
表参道の川は懐かしさというか風情があります。

表参道
奥に見えるのが「大通寺」。大きくて立派なお寺です。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
ついに出ました!「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁

海洋堂フィギュアミュージアム入口の大魔神
入口の大魔神。すさまじい迫力です...。思わず「すいません。(汗)」

海洋堂フィギュアミュージアムのケンシロウ
中にはケンシロウが。(怒ってる?)

海洋堂フィギュアミュージアムのユリア
横にはユリアが。(なぜか悲しそう。)

フィギュア
かわいいフィギュアが。

フィギュア
もしも、小さな小屋の戸〜が〜開いた〜ら♪

フィギュア
食べられちゃいそうです。

帰り道の夕日
あっという間に陽が沈みました。(長浜駅が見えます。)

長浜浪漫ビール
長浜浪漫ビール」:地ビールが飲めるレストラン!
次は電車で来るか一泊で来ないと。

歩道橋から
もう、すっかり真っ暗に。

「黒壁スクエア」をはじめ、長浜はとても満足度の高い観光地です。
今度は、2日かけて長浜を散策したいと思います。kyu

「黒壁スクエア」へのアクセス
| 観光施設 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
道の駅あいとうマーガレットステーション
先日更新も含めて、2ヶ月ぶりの更新です。(^^;)
最近は県外訪問が多かった...。(県外ネタのブログも作らないと...)
ブログもプロバイダの都合で"JUGEM"のブログに移行しました。
新しいブログは操作性も良くて使いやすい♪

以前、ブログで紹介していました東近江市の
道の駅あいとうマーガレットステーション」のショップで買った
ドライフラワーのご紹介。

マーガレットステーション写真1

マーガレットステーション写真2

ワンちゃんが可愛いくて、惹き寄せられたので即購入。
家の玄関前の廊下に飾っています。

マーガレットステーション写真3

多種多様なハーブやエッセンシャルオイル、ドライフラワー、
ポプリグッズが揃っています。
店内を散策するだけでも雰囲気と香りを堪能できます。

マーガレットステーション写真4

マーガレットステーション写真5

今年の夏に行った時の外観写真です。

東近江市は、湖東三山、永源寺と紅葉の見どころが多く、
道の駅も他の道の駅とは一風変わっていて好きな街です。

JUGEMテーマ:日記・一般


| 観光施設 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
甲賀:擽野寺〜油日神社〜高間みずべ公園〜鹿深夢の森
2週間前の休日、甲賀にドライブに出かけました。
自然いっぱいの街ですが、一般には忍者、お薬の街として知られています。

まず、日本最大坐仏十一面観世音菩薩で有名な「擽野寺」(らくやじ)に。
甲賀から伊賀方面に走っていると「擽野寺」の看板が見えます。
景色のきれいなゆるやかな山の中を走っていくと到着。

お寺の入り口あたりに不思議な(!?)自販機が・・・
なんでも食品缶

「なんでも食品缶」という自販機で、カレーうどん、豚汁、おでん、スー
プなどが販売されています。(ジュースも売ってます。)
お食事を食べ損ねて来てしまった方はどうぞおでん
擽野寺は、中央に立派な相撲の土俵があり、本殿もすごくキレイでした。

擽野寺
擽野寺1
擽野寺
擽野寺3

特別拝観 (有料) の時だけご本尊を拝観できるようで、
次は10月18日〜11月9日の期間です。(少し早かった...。残念。。)

次に、近くにある神社「油日神社」に行きました。
油日岳(694m)を神体山とし、「甲賀の総社」として祀られてきました。
静寂な佇まいの中に荘厳さをもった神社です。
※「滋賀ぶらり散歩」でも写真を公開しています。

油日神社
油日神社1
油日神社2
油日神社3
油日神社4
油日神社5
油日神社6

とても静かで空気がきれいなので、ゆっくりと巡り歩きました。
楼門が大きく見事!すっかり見入ってしまいました。

それから神社を出て、少し走ると「高間みずべ公園」に到着。

高間みずべ公園
高間みずべ公園1
高間みずべ公園2
高間みずべ公園3

油日岳の麓の自然公園で、油日岳のダムの前の川を中心に公園が広がり、
きれいな水と山々の景色を前に、バーベキュー、ピクニックができます。
キャンプも専用の場所があり、利用できます。

そして、最後は甲賀市の中心にある「鹿深夢(かふか)の森」公園へ。
多目的公園で、子供用の遊具も立派なものがあります。
花風香(かふか)の湯」というお風呂やレストラン、図書館があり、
充実した公共サービスの詰まったエリアです。

鹿深夢の森
鹿深夢の森1
鹿深夢の森2
鹿深夢の森3

芝生の傾斜でゴロンと仰向けになって寝ていたら、空がとても身近に
迫ってきて、気持ちよかったです。

甲賀は、歴史も自然もゆっくりと楽しめる街です。
他の名所も求め、また彷徨ってみたいと思います。
| 観光施設 | 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ブルーメの丘
夏もお盆に入りました。
8/11はとても快晴だったので、自然と親しもうということで、日野町の
ブルーメの丘に行ってきました。
「滋賀ぶらり散歩」にても写真を公開しています。

ブルーメの丘の建物

見上げれば雲一つない青空で、気温は高くても風が涼しく、心地いい日
でした。
ブルーメの丘は、なだらかな丘陵を利用して作られたドイツ風の農業庭
園です。地ビール、ヨーロッパ特産のウィンナーやチーズを楽しめ、ま
た、馬、羊、ジャージー牛、犬、猫などの動物と触れ合うことができる
広大な庭園です。
植物もしっかり管理されていて、ひまわりがとてもきれいでした。

ブルーメの丘のひまわり

馬は人なつこくて、おとなしく、ゆっくり触れ合うことができました。

ブルーメの丘のお馬さん

羊の声は、近くで聞くとすごい音量で、鼓膜に響きびっくりでした。びっくり

パターゴルフや白鳥のボートも楽しめ、奥の方には、なんとゴーカート
がありました。
園内は、ヨーロッパ風の列車バスのような車が走っていて、乗って移動
すると、風が涼しくていいかも。

夏休み限定(7/14〜8/30)になるのですが、宿泊プランもあるので、
のんびり泊まって過ごすのもいいですね。

売店で売っている、地ビール、チーズ、ウィンナー等は是非お土産に。
地ビールは、赤褐色でやわらかいのど越しでとても飲みやすく、美味
しかった。ビール(飲酒運転はダメですよ。パー

アクセス情報はこちらにて。車
| 観光施設 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>